自分で自宅にいながらできる簡単薄毛対策

 

薄毛の対策としてできることは数多くの種類があります。
一人でできるものもありますし、専門家に手助けしてもらうものもあるので、自分に最適なものを見つけていきましょう。

 

それでも自宅に居ながら比較的簡単に出来る対策として人気を集めているのは頭皮マッサージでしょう。
マッサージを施すことで、血行が促進されて、頭皮の状態が健康になります。

 

なぜ頭皮の血行をよくすると薄毛の対策になるのか?

たびたび、頭皮は畑と似ていると言われます。
頭皮を畑に例えると、健康で栄養が豊かな畑では、健康でしっかりした野菜、つまり髪の毛が作られます。
栄養が不足して痩せた状態の頭皮では、丈夫な髪を作ることは困難でしょう。
薄毛というと、髪の毛にまつわるトラブルに限定してしまいがちですが、より重要なのは髪の毛の土台である頭皮なのです。

 

 

まずは頭皮の状態を観察しましょう

髪をかきあげるようにして、両方の手で頭を挟んでください。
そうした状態で、手を動かすことで頭の皮がそのくらい動くのかどのぐらい固いのかを見ていきましょう。

 

手がすんなりと動くようなら、頭皮が柔らかく血行も悪くない状態です。
一方、手が十分に動かないのであれば、固く、血行が悪い可能性があります。

 

また色も重要です。
健康な頭皮の色は黄色から白っぽい色をしていますが
血行が悪い状態になると赤色っぽい色に変色している場合が多いのです。

 

 

頭皮の状態が気になったら血行を促進しましょう

頭皮が固かったり赤っぽく変色している場合はマッサージがおすすめです。
指の腹で、頭皮をほぐすようなイメージで揉みます。
爪が伸びている場合は、気づ付けないためにも最初に切っておきましょう。
頭皮にダメージを与えると、それが一因となり薄毛が進行することがあります。

 

最近では薄毛対策として作られたLED育毛ブラシやスカルプケアができる音波ブラシなども販売されているので
そうしたものを活用するとマッサージも手軽に行えます。

女性の薄毛治療は何科を受診すればいい?治療法は?

薄毛に対する治療としては、本当に数多くの種類があります。
一例として、一人でできるものとして、育毛剤や発毛剤を活用して行うものがあります。
これらも、治療と扱うことができます。
さらに、マッサージや育毛シャンプーというような方法も挙げられます。
症状が進んで、自分では手に負えない場合は、医師に相談するようにしましょう。

 

病院にかかる場合、どのような治療法が行われるのかは病院によって違います。
薄毛の治療を病院で行おうとしたときには、何科が適切なのか迷ってしまいますね。
ホルモンバランスが乱れている可能性があれば産婦人科へ、ストレスなど精神的な疲労に心当たりがあれば心療内科や精神科へ、抜け毛以外気になるところがなければ皮膚科を受診してみましょう。

 

皮膚科で薄毛治療も行ってくれる病院は多く存在します。
ただし、すべての皮膚科が薄毛治療に対応しているとは限りません。
近所の皮膚科でも薄毛治療を行っているのか確かめてみないとわかりませんので、とりあえずは問い合わせてみましょう。
皮膚科においては、内服薬を使った治療がされるでしょう。
増毛のためというよりも、抜け毛を防ぐ薬も多いので、症状が悪化する前に診察を受けたほうがいいですね。

 

もう髪がだいぶ減っているというなら、植毛という方法を選ぶことが望ましいこともあります。
この方法は、強い後頭部の皮膚を髪と共に採って、薄毛が気になる場所に移植するという手段です。
治療費は高く、50万円以上かかると思って間違いないでしょう。
病気が絡んでいない限り、美容目的の医療行為に当てはまるため、保険が適用されません。
まずは自分でできる対策を実践してみて、それほど変化がないようなら専門医に診てもらいましょう。